アウトドア用品>>テントトップ
厳選したアウトドア用品をお届けします!!
アウトドア用品トップ
テントメーカー
 ・コールマン

 ・アライテント

 ・スノーピークス

テントの種類と選び方

キャンプの醍醐味の1つにテントがあります。

テントは、キャンプをする際の拠点と成る場所です、目的にあった良い物を選定する必要が有ります。
間違っても、粗悪なテントを選ばないようにしましょう。

もし、キャンプ中に雨が降ってきても良いテントを使用していると、アウトドアライフを結構楽しめます。
しかし、粗悪なテントでは、不快感ばかりが大きくなりせっかくの楽しいはずのキャンプが台無しになってしまいます。

さて

テントには、大きく分けてドーム型とロッジ型に分かれます。


・ロッジ型

ロッジ型テントは、比較的サイズも大きい物が多く家型をしているのが特徴です。
ロッジ型テントのフレームは、硬いフレームを何本も組み合わせて設営するため、設営や撤収作業に時間がかかります。

フレームの数が多いことと、本質的に大きいことから、搬送時の重量も重くなります。

従って、

一人でソロツーリング等に使用するにはちょっと不向きです。

しかしながら、逆を返せば、ロッジ型テントは、家族でのキャンプや、大人数でのパーティー、には大変向いています。

特に、多くのロッジ型テントでは、室内が寝室と居間の2スペースになっている事や室内高さも十分有ることから

その絶大な居住性があり、非常に快適なキャンプを行えることが可能となります。
例えば、標高の高い所に登山で行ってキャンプを行うとか、暴風雨の中でもテント生活をしなくてはならないような状況でなく、

アウトドアシーズンに自動車を使って移動して、キャンプ場や高原・海辺等でファミリーキャンプや仲間でキャンプを行う場合は、ロッジ型テントの方が断然お勧めです。

居住空間的なストレスが殆ど無いですからね!!。

設営が大変と言っても昨今のロッジ型テントは大変良くできていますし、テント設営そのものもキャンプの楽しみの1つですよね!


・ドーム型テント

アルミ・ジュラルミン・カーボン・FRP等のポールを2本から4本程使用して設営するタイプが多く、名前の通り、ドームの形をしています。

登山等の非常に厳しい条件の中で使用できるよう設計されていますから、非常に軽量で、コンパクトな設計と成っていてドーム型の形状は強い風にも比較的耐える構造ですとなっています。

特にクロスフレーム構造のテントは、2本のポールをクロスさせるだけのシンプルな構造をしているため、設営・撤収作業がスムーズに行える用になっています。

しかも、何と言っても、かっこいい!!

最近では、ファミリーキャンプなどでも使用しやすい様に、コールマンテントの様に、ドーム型なのに上方スペースが広い設計となっている物や居住空間を広めに取れる設計の物も増えてきています。

ですが、残念ながらロッジ型テントと比較してしまうと居住性は余り良いとは、言えません。

しかし、登山や・ソロツーリングでは、生命に関わる事が有るので、絶対的に機能重視である必要が有ります。

従って、少人数や過酷な条件下での使用ではドーム型テントがお勧めです。

参考までに、ドーム型テントで6人用とか8人用のテントって設営してみると想像以上にデカイです・・びっくりするくらいデカイです。もちろんとても1人では設営できません。


・テントのサイズ

一般的なキャンプを基準に考えると、製造メーカーが公表している収容人数の決め方はメーカー毎にさまざまですが、

荷物を置くスペース等を考慮しても、概ね使用人数+2人程度で考えると良いと思います。
参考までに、1人あたりのスペースを70cm〜75cmで計算すると分かり易いと思います。
テントのフロアサイズに比べて見落とされがちなのがテントの高さです。

テントの中では照明ランプを吊り下げたりする必要が有りますから、天井の高さは、【身長+10cm】程度はほしい所です。

そのくらい有れば、概ねストレス無過ごす事ができます。

但し、
過酷な条件で使用される方は、御自身のスタイルに合わせて選定する必要が有ります。


・防水性

テント選びの際、テントの防水性は、必ずチェックしましょう
少なくとも、【耐水圧1000mm】以上は欲しいところです。
特に日本は、雨の多い国ですので購入の際はチェックが必要です。
又、テント購入の際には同時にシーム材(防水補修材)を購入する事をお勧めします。


・ユーティリティースペース

ユーティリティースペースも考慮する必要が有ります。
ユーティリティースペースは、テント前室やその大きさ・又リビングシェルが付けられる事やキャノピーの張り出しが出来るか?等、キャンプでのテント生活をより快適に過ごす為の装備が装着出来るかどうかも重要ですね!。


テントの設営と撤収と保管方法

一般的にテントの設営はベースシート(レジャーシートでも良い)を敷き、次にインナーテントを組み立てます、しっかりとペグとロープで固定してください。

ペグは設営場所に合った物を使用します。丈夫なペグを選定する事をお勧めします、安かろう悪かろうのペグは一回でダメになってしまうものも有りますので一流メーカー品の良い物を選んでください。しっかり打ち込むとペグの善し悪しがはっきり解ります。

いい物はやはり違いますね!!。

日中で天気の良いときにはこのまましばらくインナーテントに風通しを行うことも良いでしょう。

次に、フライシートを設置します(一部の防水透湿性素材(ゴアテックス)等を使用したモデルでは必要の無い場合も有ります)しっかり固定して完了です。

ここまででテント設営を終わりにしないで下さい、

実際にキャンプのあと反省会をやってみるとテント内での居心地・寝やすさ・熟睡度が多く挙げられます。
特に女性の場合この項目は良く挙げられます。

そこで、

テントレイヤードを行います

テントレイヤードとは、いわいる内装工事ですね!

基本的にはまず、テントマットを敷きます、
テントマットとは、テントのフロア全体を覆う、大きめのマットです。これを敷くことによって、地面からの冷気や湿気の浸入を防ぐことができます。

テントインナーマット等の商品名で出ている場合も有りますが同じ物です。
これらの製品には、ウレタンスポンジの中綿が入っているので、背中に小石や砂利などを感じにくく、夏の芝生のキャンプサイトならこれだけでも結構快適なものです。

しかしテントマットは薄手なので、それだけでは本当の快適な睡眠は得られません。
そこで必要になってくるのがパーソナルマット。

テントマットが畳なら、これは敷き布団といったところです。

これを敷くことによって、より高い防寒性とクッション性が得られます。種類も、ウレタン製の折り畳み式マットや、バルブを開けると自動的に吸気して膨らんでくれるものなど、 様々なものがありますので、人数分用意すると良いでしょう。

基本はここまでです



さらなる快適を求めるために、フリースインナーやテントエアーマット等々を使用することでより快適なテントライフが送れます。

このテントレイヤード行うことでキャンプでの印象がずいぶん変わります、特に女性を含むファミリーキャンプや友人パーティーでは是非実践して下さい。

きっと次のキャンプを待ち遠しく思えるほど絶大な威力!!があります。


テントの撤収

テントを撤収する場合は、フライシートの表面の水分をしっかり拭きます、出来ればそのままインナーテントの上でたたんでしまいましょう。
天気の良い場合は、インナーシートに風通しをしてからかたづけます。

ペグは【ペグ抜き】や【ペグ抜き付のハンマー】等を使用すると比較的簡単に抜くことができます。
抜いたペグは、土をしっかり落としましょう。


テントの保管

家に帰ったら出来るだけテントを開きインナーテント・フライシートの汚れを拭き取ります。
しっかり日陰干しをしてから直射日光や高温多湿の場所を避けて保管して下さい。

次に使う時にカビが生えてたらいやですからね!!。


まとめ

テントを購入する際には使用目的に合わせた物を選定し、出来るだけ失敗の無いように、一流メーカーの物をお勧めします。

一流メーカーの物は長く使えて尚かつ補修部品もそろっています。テントポールの1節が折れてしまったとかの場合でも一流メーカーの物は殆どその部分のパーツのみで購入出来ます。

たった1日又は2日程度の生活でもテントはやはり住居ですから、快適に過ごしたいですよね!!
多少の不便や失敗があってもテントライフの部分をしっかり押さえておけばアウトドアでのキャンプは良い物になります。

良いテントで良い思い出をつくられることを願っています。
good Product 管理人
村山 徹


お勧め商品
Coleman(コールマン)
 スクリーンキャノピータープII




万一の雨でも安心フルクローズタイプ
大型キャノピー付き自立型スクリーンタープ
メッシュ地を採用している為虫嫌いの女性とキャンプに行かれる際大変重宝します。 
Coleman(コールマン)
 BCライトドーム270III




定員4〜5名
簡単設営、簡単撤収、2本のポールで立ち上げるだけのシンプル構造。 
 
ロゴス(LOGOS)
 スクリーンドゥーブル ラルーサーZ


 

定員4〜5名
居住空間とゆとりあるリビングが合体したリビング付2ルームテント
充実の機能に加え万が一雨が降ってきた際もリビングの中で雨を気にせず食事することが出来ます。
また、虫の出入りも抑制され女性にも喜ばれる名品です!
スノーピーク(snow peak)
 アメニティドーム グレイ




定員4〜5名
このアメニティドームは、設営が簡単な3本フレームを採用し、家族4〜5人が過ごすのに快適なサイズです。耐水圧もランドブリーズと同等の1800mmを保証しています。この品質でこの価格は安い! 
関連商品
Coleman(コールマン)
 パワーマスター スチールソリッド
 ペグ 20cm 20cm




スノーピーク(snow peak)
 ソリッドステーク 20




スノーピーク(snow peak)
 ソリッドステーク 40


 

Coleman(コールマン)
 ぺグハンマー




関連書籍
good product トップ // お問い合せ // 特定商取引に基づく表示 // リンク
Copyright (C) 2007 All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等全ての転載転用を固く禁じます。